2018年10月31日水曜日

蝶渡るという季題

昨日、摩耶山上の神戸市立自然の家にて、第27回摩耶山俳句大会が開催されました。参加者は147名、関西一円の俳句結社の俳人が参加されました。選者は私も含めて委嘱を受けた13名全員が参加しました。私が担当している葺合文化センター俳句講座の受講生の方も来ておられました。

主催者のお一人で摩耶山天上寺の伊藤浄厳貫主(俳号:虚舟 ホトトギス同人))は、境内で藤袴を沢山栽培しておられ、秋になると渡って来るアサギマダラという蝶に食事と休息を提供しておられます。今月19日にお寺へ参った時には、数十匹の蝶が群れていました。
アサギマダラは浅黄斑と書き、秋になると先島諸島や台湾方面に向かって渡りをすることで有名です。特に藤袴の蜜を好むようで、六甲山の上空を飛行しつつ天上寺の境内に咲く藤袴に降りて蜜を吸っているのです。

先般の垂水漁港での本部吟行で、「蝶渡る」という言葉を、九年母会のローカルルールとして季題として使おうと申し上げました。先般の「ホトトギス新歳時記」の改定の際に「鷹渡る」という季題が、11月の「鷹」から分離独立して10月の季題となりました。この分離独立に10年を要しました。「蝶渡る」は季語ではあるが未だ正式な季題ではありませんので、秋の蝶としたり藤袴と組み合わせて詠んでいます。新聞の俳壇等では、季題として詠んだ句を俳人協会系の選者が採っていますが、ごく僅かです。

しかし今回は、和尚さんがアサギマダラを集める努力をしておられることが選者控室で話題となった事も有ってか、「蝶渡る」を季題として詠んだ句を、汀子先生が初めてお採りになりました。画期的な事です。その句は、上記の本部吟行

に参加した九年母会員の作品でした。これで、「蝶渡る」という季題にお墨付きを頂いたのです。次回の「ホトトギス新歳時記」の改定が何時になるか分かりませんが、それまでに沢山詠んで、例句に採って頂けるように頑張りましょう。写真は天上寺のパンフレットから転載したものです。

2018年10月15日月曜日

第1回探鳥句会の記

10月11日、明石公園の時打ち太鼓の前に集まった方は総勢45名。内、千鳥句会の会員が20名。千鳥以外の九年母会員が25名。千鳥句会には他の結社の方が2名含まれています。それは、千鳥句会が、私が講師を務める六甲道勤労市民センター俳句講座のOBの吟行会だからです。

朝から降り出した小雨の中、明石城跡での探鳥が始まりました。雨のため望遠鏡は使えません。精密機械に雨は大敵。湿るとレンズに黴が生えるからです。雨の中では鳥は出ません。樹木の繁りの中で、雨宿りをしています。しかし雨が止むと、空腹に耐えかねて、一挙に餌を採りに出て来ます。

剛の池に飛来する鴨や、それを狙って現れる大鷹。桜掘を住処にしている翡翠。この辺りが本日の狙い目です。鵯の声がかまびすしく聞こえて来ました。鵯は漂鳥と云って、関西の鵯は寒さを避けるために中国地方や九州へ移動します。その代わり、中部地方や関東の鵯が関西へやって来て、冬を越します。そのため、この時期に明石公園でうるさく鳴き叫んでいる鵯には、三河や遠州の訛りが・・・・。

鶫の群が、シベリヤから来ていました。ジェット戦闘機のように、お城の空を飛び回ります。剛の池には火取鴨や星羽白という鴨が渡って来ていました。桜掘の翡翠は確認できなかったのですが、最後の鳥合わせでは、合計24種類の鳥が確認できました。

アスピア北館の研修室で開催された句会には44名の方が参加。岡山や赤穂、淡路からも参加され、満席の盛況になりました。地元の明石支部の方も来られていました。客観写生・平明余情・花鳥諷詠という、虚子が提唱された作句理念に少しでも近づきたい、と燃える方々ばかりです。嘗てのような、寺社仏閣を詠んだ観光句や、見たままの報告句はすっかり影を潜め、詩情豊かな句が大半を占めるようになって来ました。入選句は九年母誌に掲載します。

来年は、初夏にも探鳥俳句会を開催してみたいと思います。出来たら、毎年初夏と秋の恒例行事にしたいものです。来年の夏鳥の探鳥会が楽しみです。

2018年9月28日金曜日

再び若葉集と白樺集について

台風21号の長時間の停電の影響でパソコンの調子が悪く、久し振りのブログになりました。お変わりありませんか。さて、本日9月28日の午前中に、無事「九年母」10月号の発送が終わりました。ますます中身が濃くなって来ました。お楽しみにお待ちください。
午後からは11月号の編集が始まりましたが、若葉集も白樺集も、まだまだ投句が足りません。どしどしお出しください。

同人の俳壇である白樺集には、雑詠に出して残った句をお出しになれば宜しい。挑戦しましょう。私の感触では、雑詠の句は真剣に取り組んだ句を、白樺集は肩の力を抜いた句を投句されているように思います。そのため、雑詠より成績が良い方も居られます。官製葉書に5句書いて、編集部か発行所へお送りください。楽しみが倍になりまよ。

11月号の若葉集へは、ベテランに混じって初心の方7名が投句されました。内2名が小学4年生です。選者の岩城久美さんが、必要に応じて優しく丁寧に添削して、選をされています。こちらは初心の方を育てることに主眼を置いています。雑詠のように厳しい審査はありませんので、雑詠に出すのをためらっている方は、是非こちらへお出しください。九年母会に入っていなくても、一向に構いません。ある程度力が付いてきたら入会して下さい。

エッセーも随時お送り下さい。編集部からお願いします「リレー随想」にも積極的な参加をお願いします。小説も歓迎です。旅行記や研究論文の発表も結構です。読んでいるだけではつまらない。会員みんなで、九年母誌を楽しく役に立つものにして行きましょう。みんなが作る九年母誌です。編集部は、そのお手伝いをさせて頂きます。

2018年9月10日月曜日

住吉大社観月祭献詠句

9月10日午前10時半から、大阪の住吉大社にて、観月祭献詠俳句の選者会が開催されました。境内では一抱えもある樹木が数十本も倒れ燈籠も壊れて、惨憺たる有様でした。参集した審査員は予選の選をした5名の内3名。大橋晄、古賀しぐれの各先生と私。今回の応募総数は623句。その中から最終選考に残った句は18句。なんとその内の7句が九年母会員の作品でした。5名の選者の事前の予選により選ばれた18句が一枚の用紙に表示され、高得点の句から順番に最終の審査をし、順位を決定しました。高得点の句でも、表現が適切でなかったり、文法上の誤りがあったり、漢字が間違っていたりで落とされます。
 18句の中から最終的に13句に絞られ、成績の順に天賞・地賞・人賞と佳作10句が選ばれました。九年母関係の入賞・入選者は以下の通りです。

 地賞  月に立つただそれだけで泰らげる  河野 信子
 佳作  被災地へ尽きぬ祈りや今日の月   武本 敬子
 同   喜びにまた哀しみに仰ぐ月     光山 惠子
 同   集ひ来てみな住吉の月の友     小柴 智子
 同   復興に静かな力月涼し       深澤美佐恵

今日の最終審査で分かった事ですが、無記名の句を審査する予選の段階では、私は光山惠子さんの句と小柴智子さんの句には、満点(2句のみ)の5点を、河野信子さんの句には4点、武本敬子さんの句には3点を付けていました。また、武本敬子さんと光山惠子さんは、同時に投句された他の1句も、最終選考に残っていました。

予選で高得点を取られた句に、「看取り女」という言葉を使った句が有りました。表現が時代にそぐわないのでは、との意見が出され、議論の結果見送ることになりました。「看護婦」でも時代にそぐわず「看護師」となったのです。ましてや「看取り女」では、ということでした。また、河野信子さんの句は、原句は「月に佇つ」でしたが、「佇つ」に問題があると議論になり、最終的には「立つ」と直して入賞としました。「佇む」は、「たたずむ」であって「たつ」とは読まない、というのが出席審査員3名の共通の意見でした。

入賞・入選の皆さん、おめでとうございます。今月の24日の表彰式に是非ご出席ください。応援団の皆さんも、秋の夜の観月の宴の神秘を味わいに行きましょう。

2018年8月30日木曜日

短冊の処理

前回に引き続き、句会の作法に付いてお話します。短冊(小短冊)が配布され、清記用紙に転記します。読者の皆さんは、この後、転記が終わった短冊をどうしますか。句会場で見まわしていると、実に様々です。乱雑に机の上に置いたままの人、ノートに挟み込んでいる人、軽く結んで机上に置いている人。

 私は、昭和59年5月に初めて句会に参加しましたが、師匠の古澤碧水から、短冊の処理を習いました。それは、短冊をきっちり揃えて結ぶというものでした。清記が終わって静かに短冊を結んでいると、心が落ち着いて来ます。さあ、選をするぞ、という気持ちが湧いてくるのです。茶会の袱紗捌きにも通じるものがあります。軽く結んで机の上に置きます。周りの人の目に見える位置におき、短冊通りに清記しました、不正は一切ありません、という意思を示します。

 最初は、 神社で頂く御神籤のようにしっかり結んでいました。その後、汀子先生宅で開催される下萌句会に参加する内に、長山あやさんの結び方に感動しました。それは、しっかり結ぶのではなく、五角形に結ぶというもの。ふわふわとお握りを握るように軽く結びます。なかなか綺麗な五角形にはなりませんが、結んでいる内に気持ちが解れて来ます。句会が始まるという緊張感の中で、ちょっとした気分転換にもなります。
 
 俳句は、座禅や茶道と並んで精神修養の場とされています。どこかのテレビで放映している番組は、面白おかしく俳句を茶化すだけで精神修養とは縁がありませんが、本来の句会では、投句、清記、選句、披講と進んでいく過程で心が純化されていくのです。一つ一つの所作、手順を心を込めて進めましょう。短冊を結ぶのもその一つです。乱雑に散らかすことが無いようにしたいものです。
 

2018年8月20日月曜日

選評の礼儀(重要)

俳句は、古来より茶禅俳と称され、精神修養の一つとされて来ました。どこかのテレビでやっているような、笑いながら、他人の作品をからかいながらするものではありません。俳句を嗜むとは、心を鎮めて自然に向かい、自然をお作りになった造化の神の素晴らしい御業を拝見して賛美することだと思います。そのためには、句会には茶会と同じく、精神を練るための幾つかの礼儀が有ります。今回はその中の一つ、選の受け方についてお話ししましょう。

 先日のある句会のことです。いつものように私は、選に頂かなかった句の寸評をしていました。その時ある方が、「先生に直してもらったら、有難うございます、と感謝の思いを表すのが当たり前と違いますか」と仰った。その通りです。私もそうして育って来ましたし、今でもそうしています。浩洋先生の句会に籍を置いた時も、選に漏れた私の句を先生が寸評されるときは「私の句です」と名乗り、先生の寸評をいただくようにしていました。そして寸評が終わったら「有難うございました」と礼を述べました。

 ところが最近の句会では、地虫が石の下に隠れる様に、黙りこくって密かに自分の句の寸評を聞いている方が大半です。これでは真剣に自分の句と向き合っているとは言えません。自分の句に句評を頂くのです。恥ずかしい事でも何でもありません。先生の前には全てを曝して、真剣に句評を聞く。疑問点があれば、その都度質問して納得して行く。その様な心境を経てゆくことで、句境が深まり上達して行くのです。自分の句であることが分って恥ずかしい、と思っているようでは、俳句の上達は見込めません。自分を無にして、真摯に句評を拝聴する、という心境。これは俳句の道における一つの悟りだと思います。この心境に目覚めて下さい。

2018年7月30日月曜日

颱風見舞い

颱風12号が小笠原諸島近海で突如発生し、寒冷渦に引っ張られる形で東から西に向かって日本列島を襲いました。拙宅のある芦屋では、ほぼ真上を通り、猛烈な風が吹きました。マンションのベランダの手すり等、鋭角の部分に風が当たって金属的な、ジェット戦闘機機が空気を切り裂くような音が一晩中鳴り響き、ほとんど眠れませんでした。

それにつけても心配だったのは、広島・岡山両県をはじめとする西日本豪雨の被災地の状況でした。復興が緒に就いたばかりの時期に襲来した颱風に、被災地の皆さんはさぞかし心配された事でしょう。察するに余りあります。たまたま颱風が東海地方に上陸し、弱まりながら被災地へと向かった事は、被災地の皆様にとっては幸いだったと思います。12号が通常の颱風の様に九州や四国に上陸し、そのままの強い勢力で中国地方を襲ったとしたら、甚大な二次被害が出たかも知れません。

今回は運が良かったのですが、これからが颱風の本番。年々颱風の規模や勢力が大きくなって来ています。海水温の上昇が原因と云いますが、地球温暖化の原因をもう一度考えてみる必要があると思います。二酸化炭素の増加だけが原因でしょうか。それと同時に
私達の日常生活も、大規模災害に対応できるようなスタイルに変えて行く必要があると思います。住宅の立地はこれで良いのか。嘗て川が流れていたところや、池を埋め立てた所等、本来住宅を立てるには不向きなところが宅地分譲されて、結果的に大災害に巻き込まれた所が沢山あるように思います。

災害は常に私達の身の回りで牙を研いでいます。どうすれば身を守れるか、もう一度考えてみたらいかがでしょう。今月のブログは、お見舞いばかりになりました。